マルチマウスクイズで学ぶICT


マルチマウスクイズとは?

当研究室では複数の人が画面を共有して同時に操作できるコンピューティング環境の創出を研究しています.
マルチマウスクイズ(以下 MMQ) とはその一環として、学術情報メディアセンター コンテンツ作成室、総合博物館と共同で開発した複数のマウスを用いて利用できるクイズ システムです.MMQ では1台のPC に複数のマウスを接続して 4人まで同時に回答できます.学校教育や博物館などの社会教育での 利用を想定し,利用者が互いに考えを言葉で交わしながら 協調してクイズの内容を学ぶことを目指して開発されたものです. 複数のマウスを利用するためのミドルウェアとしてカルガリー大学で開発された SDGT (Single Display Groupware Toolkit) を利用しています.現在,複数の小学校で授業実践を行っています.

システム構成

マルチマウスクイズシステム(MMQ)

 

クイズエディタ(MMQEditor)

情報学研究科のエデュテイメント経費の補助を得て 開発したクイズコンテンツのエディタです.MMQ と同様の画面を見ながら 対話的にクイズを開発することができます.
editor

MMQ用情報技術・情報科学クイズコンテンツ

MMQ の使用例として作成された,情報技術や情報科学,情報セキュリティなどに関連する クイズコンテンツです.