SSS2013で発表を行いました


情報処理学会 情報教育シンポジウム Summer Symposium in Shizukuishi 2013 で森幹彦助教が成果発表を行いました。

「グループ学習における個人視点映像を用いた注目行動の自動認識に関する基礎調査」近藤一晃,森幹彦(京都大学学術情報メディアセンター),小泉敬寛(京都大学大学院工学研究科),中村裕一(京都大学学術情報メディアセンター),喜多一(京都大学国際高等教育院)

カテゴリー: 研究 タグ: